シンクライアントは専用の端末を利用する

パソコンにはCPU、ハードディスク、その他のいろいろな部品がついています。それらがうまく機能して作業ができるようになっています。しかしハードディスクは消耗品といわれるぐらい壊れやすいです。CPUも性能の変化が激しくなっています。パソコンを利用して業務を行うと世代交代などが行いにくいことがあります。古いパソコンを使っている人、新しいパソコンを使っている人がいます。新しいパソコンは使いやすいですが、すべての人が同じ環境で作業できるわけではありません。シンクライアントを導入している会社では専用の端末を利用することが多いです。つまりはパソコンとして利用できない機械です。ハードディスクなども最初から持っていません。消耗部分であるハードディスクを持たないので安定的に長く利用することができます。機械の性能に左右されずに利用できます。

シンクライアントは電力をあまり消費しない機械

パソコンはそれなりに電気を使います。特に使うとされるのがCPUです。中央演算処理装置とも呼ばれこちらで計算のすべてが行われます。計算と言っても数学的な計算だけでなく文字や映像の表示なども行っています。計算結果として映像が表示されます。一般的なパソコンではCPUを使うためにどうしても電力の消耗が激しくなります。会社などでノートパソコンを一斉に使うとかなりの電気が使われます。ここでシンクライアントを活用します。こちらでは一般的なパソコンよりも電力消費量が少なくなっています。夏にはエアコンの利用が増えることから計画的停電が行われたりしています。また電力料金はどんどん上がっていてコスト増になっています。電気を節約する仕組みを利用することで電気料金をあまりかけずに済ませられます。社員が多い場合にはより効果を得ることができます。

シンクライアントでどこからでもアクセスできる

オフィスでフリーアドレス制にするところがあります。通常は座席が決まっていて毎日そこで仕事をします。フリーアドレス制の場合は決まった座席を持ちません。自分の好きな座席や会社から朝に指定された席で仕事をします。周りの風景が変わるので集中しやすい場合があるようです。シンクライアントの仕組みを使うことでフリーアドレス制に近い環境ができます。ネットワークにアクセスをすればサーバ上に自分の仕事のデータが入っています。どの席からでもアクセスすることができます。それ以外に社外からでもアクセスが可能です。自宅で仕事がしたい時にパソコンを持ち帰ったりUSBメモリを持ち帰ったりすることがあります。それによってデータの流出の危険が問題視されることがあります。アクセスできる機械さえ持っていれば外からでも仕事ができます。その機械を置き忘れてもデータ流出の心配はありません。

vGPUによる高負荷な3DグラッフィックVDIにはオールフラッシュシリーズが最適です。 Tintri VMstore T5060の参考価格5,000万円。 単一のストレージスステムで、数千台もの仮想デスクトップ(VDI)をサポートし高速かつ安定に稼働。 クラウド環境にVMごとの性能保証を提供します。 業界唯一のVMに最適化されたストレージです。 設定が全く必要ない仮想化専用ストレージです。 シンクライアントのことなら「ティントリ」でサポート